権現山・編笠山

2018/06/20

◎2018年6月16(土)~17日(日)

・6月16日(土) 小淵沢駅9時集合でした。この日の参加者は男性3名、女性1名の合計4名でした。
タクシーで富士見高原まで入りました。天気が心配でしたが、雨は降っていませんでした。
登山口から40分ほどで不動清水に着きました。ここの水は冷たくて美味しかったです。
西岳までは標高差1000mのだらだらとした登りです。途中展望のよいところにでたので
ランチにしました。編笠山が目の前にぼんやりと姿をみせてくれました。
更に登るとよく開けた西岳の頂上にでました。
そこから樹林帯の中を巻くようにして歩くと乙女の水に着きました。ここの水も冷たくて美味しかったです。
約5分で青年小屋到着しました。この日の歩程は約5時間50分でした。

・6月17日(日) 朝から快晴です。小屋の部屋から編笠山が目の前に見えます。計画では前日登る予定でしたが、
到着が遅くなったので、登りませんでした。小屋から約1時間でピストンできるようです。
朝食後、午前6時半に小屋を出発しました。約2時間の登りで権現岳に着きました。
尾根にでると展望が素晴らしく、北アルプスや中央アルプス、南アルプスの山々がきれいな姿をみせてくれました。
振り返ると八ヶ岳の阿弥陀岳や主峰の赤岳が大きくそびえていました。
権現岳から約1時間で三ツ頭、更に約1時間で前三ツ頭に到着しました。そこから天女山の駐車場まで約2時間の
歩きでした。駐車場でタクシーを呼んで甲斐大泉近くの「パノラマの湯」で汗を流しました。
この日の歩程は約6時間40分でした。

※梅雨の最中だったので雨が心配でしたが、晴天に恵まれて気持ちよく歩けた二日間でした。